« クビサ(ルノー)、FIAのコクピット脱出テストをクリア | トップページ | ロズベルグ、メルセデス・フォーミュラEチーム代表就任か »

2017/08/02

バンドーン(マクラーレン)、マシントラブルも2番手タイム

Stoffel Vandoorne (C)McLaren Group
拡大します
ハンガロリンク合同テスト初日、レースドライバーであるストッフェル・バンドーンを起用したマクラーレン・ホンダ・チームは、午前の走行で全体のベストタイムを記録。
しかし午前のセッションが終了間近になってオイル漏れとみられる兆候が確認されたため修復のためガレージに戻った。

トラブルは軽微なオイル漏れということだがパワー・サーキットを取り外す必要があったため時間を要し、バンドーンがコクピットに戻ったのは夕方だった。
その時点でもトップにいたが、最後にフェラーリのテストドライバー、シャルル・ルクレールに逆転され結局この日の2番手タイムということになった。

そのルクレールは現在F2シリーズ(旧GP2)でランキング首位。
来季はザウバー・チームからF1デビューするのではないかとみられている。

|

« クビサ(ルノー)、FIAのコクピット脱出テストをクリア | トップページ | ロズベルグ、メルセデス・フォーミュラEチーム代表就任か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65610917

この記事へのトラックバック一覧です: バンドーン(マクラーレン)、マシントラブルも2番手タイム:

« クビサ(ルノー)、FIAのコクピット脱出テストをクリア | トップページ | ロズベルグ、メルセデス・フォーミュラEチーム代表就任か »