« 「ドライバー変更よりもマシン熟成が課題」と、ハースF1 | トップページ | メルセデス首脳、「ハミルトンvsボタスのタイトル争いがベスト」 »

2017/07/24

ザウバーとの契約以降進捗せず、ホンダ側に悲鳴も

Frederic Vasseur (C)Renault Sport
拡大します
これまでマクラーレン・チームへの独占供給だったホンダは、2018年シーズンさらにザウバー・チームにもパワーユニットを供給することをすでに決定しているが、その後ザウバー側に具体的な進捗がなく、苛立ちの様子を隠せない展開。

これは新しくなったザウバー・チームの経営陣が、今回の契約をリードしてきたモニシャ・カルテンボーン/CEOをシーズン半ば突然解雇したことによる。
後任に就いた前ルノー・チームのフレデリック・ヴァスール/CEOは、「ホンダとの関係構築は最優先課題」としなからも、実際にはその後一向に目に見えた動きをみせていない。

こうした状況にホンダの長谷川祐介(F1プロジェクト総責任者)は、「実際に来シーズンからザウバー・ホンダをスタートさせるにはもうタイムリミット」と、悲鳴を上げている状況という。

|

« 「ドライバー変更よりもマシン熟成が課題」と、ハースF1 | トップページ | メルセデス首脳、「ハミルトンvsボタスのタイトル争いがベスト」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65573617

この記事へのトラックバック一覧です: ザウバーとの契約以降進捗せず、ホンダ側に悲鳴も:

« 「ドライバー変更よりもマシン熟成が課題」と、ハースF1 | トップページ | メルセデス首脳、「ハミルトンvsボタスのタイトル争いがベスト」 »