« イギリスGP、F1開催契約打ち切りのオブション権を行使 | トップページ | リバティ・メディア首脳、シルバーストーンのやり方に不快感 »

2017/07/12

混迷ホンダ、ザウバー・チームとの供給契約を解消か

Monisha Kaltenborn (C)Sauber Motorsport
拡大します
ここまで3年間マクラーレン・チームへのパワーユニット独占供給を続けてきたホンダは、2018年から新たにザウバー・チームへも供給することを正式発表した。
しかしここに来てそれが解消されるのではないか、との報道が流れ関係者に衝撃を与えている。

これはドイツの有力紙『ビルト』が報じたもの。
それによれば破綻の原因はザウバー・チーム内でモニシャ・カルテンボーン/CEOが更迭されたことにあるのではないかという。

ホンダとザウバー・チームにおけるモニシャ・カルテンボーン/CEOの実績と指導力により今回の契約を結んだものの、同氏が更迭されたことで信頼関係が築けなくなったとしているという。

ただこの契約が破綻した場合、同チームでは再びフェラーリに供給を依頼するしかなく、極めて厳しい状況になるとみられる。

|

« イギリスGP、F1開催契約打ち切りのオブション権を行使 | トップページ | リバティ・メディア首脳、シルバーストーンのやり方に不快感 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65523552

この記事へのトラックバック一覧です: 混迷ホンダ、ザウバー・チームとの供給契約を解消か:

« イギリスGP、F1開催契約打ち切りのオブション権を行使 | トップページ | リバティ・メディア首脳、シルバーストーンのやり方に不快感 »