« 予選Q2、バンドーン(マクラーレン)がQ3進出果たす | トップページ | グロージャン(ハース)、裁定基準のブレに不満吐露 »

2017/07/15

イギリスGP予選ハミルトンPP 2番手ライコネン(フェラーリ)

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
15日(土)午後、引き続きイギリスGP公式予選Q3がドライコンディションのもと行われた。

ポールポジションはまたしてもハミルトン(メルセデス)が獲得。
ハミルトンのポールはアゼルバイジャンGP位ライコネン(フェラーリ)で今季6回目、自身通算67回目の快挙。
ミハエル・シューマッハの記録にあと一つと迫った。
2番手に0.547秒差でライコネン(フェラーリ)、3番手ベッテル(フェラーリ)大事な一戦でフロントロウを逸した。
4番手ボタス(メルセデス)だが、繰り返すようにボタスはギヤボックス交換により予選グリッド5番降格のペナルティが決まっている。
5番手フェルスタッペン(レッドブル)、6番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、7-8番手フォース・インディアのペレス&オコン、9番手バンドーン(マクラーレン)で、これは自身最高グリッド、そして10番手が相変わらずブレーキに悩むグロージャン(ハース)となった。

明日は現地時間:13時(日本時間:21時)から52周に渡る決勝レースがスタートする。

イギリスGP公式予選の結果はこちら
イギリスGPの画像はこちら

|

« 予選Q2、バンドーン(マクラーレン)がQ3進出果たす | トップページ | グロージャン(ハース)、裁定基準のブレに不満吐露 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65539005

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスGP予選ハミルトンPP 2番手ライコネン(フェラーリ):

« 予選Q2、バンドーン(マクラーレン)がQ3進出果たす | トップページ | グロージャン(ハース)、裁定基準のブレに不満吐露 »