« イギリスGPの週末は日曜日に雨の可能性も | トップページ | イギリスGPフリー2回目もボタス&ハミルトンが圧倒 »

2017/07/14

イギリスGPフリー1回目、メルセデスAMG勢が最速タイム

FIA Shield Cockpit (C)Ferrari S.p.A
拡大します
14日(金)午前9時(日本時間:午後5時)、シルバーストーン・サーキットを舞台にイギリスGPのフリー走行1回目セッションが始められた。
セッション開始時の天候は晴れ、気温14度、路面温度21度、湿度69%、コースはドライコンディションと報告されている。

このセッションでのドライバー交代は一人。
フェラーリ・チームのリザーブドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィがマグヌッセン(ハース)のマシンでこのセッションを走る。
ジョビナッツィは今季開幕の2戦を負傷欠場ウェーレイン(ザウバー)の代わりとしてグランプリに出走している。
なおこのセッションでベッテル(フェラーリ)がFIA(国際自動車連盟)主導のもとシールド・コクピット・タイプのマシンで実車テストを行う。

パーマー(ルノー)はガレージで動けず。マシン後部をチェックしているようだ。
マッサ(ウィリアムズ)は縁石に乗ってフロアパネルを痛めた模様。

このセッションは終始メルセデスAMG勢が席巻。
トップタイムはボタス(メルセデス)の1'29.106、これに0.078秒差でハミルトン(メルセデス)が続いた。
3-4番手にはレッドブルのフェルスタッペン&リカルド、5-6番手はフェラーリのライコネン&ベッテル、7番手クビアト(トロ・ロッソ)、8番手アロンソ(マクラーレン)、9番手マッサ(ウィリアムズ)、10番手にバンドーン(マクラーレン)がつけた。
久しぶりF1走行のジョビナッツィ(ハース)は16番手だった。

イギリスGPフリー走行1回目の結果はこちら
イギリスGPの画像はこちら

|

« イギリスGPの週末は日曜日に雨の可能性も | トップページ | イギリスGPフリー2回目もボタス&ハミルトンが圧倒 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65534322

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスGPフリー1回目、メルセデスAMG勢が最速タイム:

« イギリスGPの週末は日曜日に雨の可能性も | トップページ | イギリスGPフリー2回目もボタス&ハミルトンが圧倒 »