« ホンダ、ザウバー・チーム供給契約解消リリース | トップページ | ザウバー・チーム、2018年もフェラーリ・エンジン搭載 »

2017/07/28

ハンガリーGPフリー1回目、リカルド(レッドブル)最速タイム

Hungaroring (C)Redbull Racing
拡大します
28日(金)午前、ハンガロリンクを舞台にハンガリーGPのフリー走行1回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、気温21度、路面温度26度、湿度61%、コースはドライコンディションでこのセッション中に雨が降る確率は0%と報告されている。

このセッションでのドライバー交代はハースF1がマグヌッセンに代えてアントニオ・ジョビナッツィ、またフォース・インディアではオコンに代えてアルフォンソ・セリスが起用されている。
なおピレリはこのハンガリーGPにスーパーソフト、ソフト、そしてミディアムタイヤの3種類を持ち込んでいる。

途中ジョビナッツィ(ハース)が11コーナーでコースアウト、タイヤバリヤに左側面をクラッシュさせ一時赤旗中断となった。
またチームメイトのグロージャンもウォールにヒット、マシン後部に異常を訴えガレージに戻って長時間作業。
セッション最後はパーマー(ルノー)の4コーナーでのクラッシュで赤旗となり、そのままセッションは終了した。

トップタイムはリカルド(レッドブル)の1'18.486。
これに0.234秒差でライコネン(フェラーリ)、さらにハミルトン(メルセデス)、フェルスタッペン(レッドブル)、ボタス(メルセデス)、ベッテル(フェラーリ)、アロンソ(マクラーレン)、バンドーン(マクラーレン)、ヒュルケンバーグ(ルノー)、パーマー(ルノー)と続いた。
代替出走のセリス(フォース・インディア)は17番手、ジョビナッツィ(ハース)は19番手だった。

ハンガリーGPフリー走行1回目の結果はこちら
ハンガリーGPの画像はこちら

|

« ホンダ、ザウバー・チーム供給契約解消リリース | トップページ | ザウバー・チーム、2018年もフェラーリ・エンジン搭載 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65591307

この記事へのトラックバック一覧です: ハンガリーGPフリー1回目、リカルド(レッドブル)最速タイム:

« ホンダ、ザウバー・チーム供給契約解消リリース | トップページ | ザウバー・チーム、2018年もフェラーリ・エンジン搭載 »