« ホンダ&ザウバー、来季のエンジン供給契約を解消 | トップページ | ハンガリーGPのスチュワードにデレック・ワーウィック氏 »

2017/07/28

ピレリ、「英GP、ライコネンのタイヤトラブルは外的要因」

Pitstop (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ピレリタイヤは、先のイギリスGP決勝レース終盤に起きたキミ・ライコネン(フェラーリ)のタイヤトラブルについて調査した結果、何らかの外的要因によるものとの結論を明らかにした。

それによればタイヤの摩耗や構造に異常はなく、縁石に強く乗り上げたような際に起きる衝撃がタイヤのベルト部分に加わったため損傷しエアが抜けたものとみられるいう。

一方、同じく決勝レース終盤に緊急ピットインしたベッテルのほうはスローパンクチャーとしたものの直接の原因はまだ究明されていない。

|

« ホンダ&ザウバー、来季のエンジン供給契約を解消 | トップページ | ハンガリーGPのスチュワードにデレック・ワーウィック氏 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65589059

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、「英GP、ライコネンのタイヤトラブルは外的要因」:

« ホンダ&ザウバー、来季のエンジン供給契約を解消 | トップページ | ハンガリーGPのスチュワードにデレック・ワーウィック氏 »