« ホンダ、今週のオーストリアGPで2台共『スペック3』投入へ | トップページ | オーストリアGPではいちファンがチェッカーフラッグ担当に »

2017/07/05

メルセデス首脳、ベッテルに対するFIAの判断に安堵

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
目下フェラーリ・チームとの間で熾烈なチャンピオンシップ争いを演じているメルセデス陣営の首脳が、ベッテル(フェラーリ)に対し「新たなペナルティは科さない」としたFIA(国際自動車連盟)の判断を歓迎した。

「良い結論に達したと考えているよ。
もちろんベッテルの行為は褒められたものではないが、彼はすでにレース中には10秒のドライブスルー・ペナルティー、レース後には3点のペナルティ・ポイントという処分を受けているんだ。
もしももっと重い処分が必要ならその時にくだせば良かったということ。
何より、いまF1を盛り上げているメルセデス対フェラーリ、ハミルトン対ベッテルという好勝負に水を差されないで良かったと思うね。
F1には素晴らしいライバル対決というのが不可欠なんだよ」

確かにハミルトン(メルセデス)が独走してしまえばファンの関心は薄れ、詰まるところメルセデスにとっても良い結果は得られないことだろう。

|

« ホンダ、今週のオーストリアGPで2台共『スペック3』投入へ | トップページ | オーストリアGPではいちファンがチェッカーフラッグ担当に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65495553

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス首脳、ベッテルに対するFIAの判断に安堵:

« ホンダ、今週のオーストリアGPで2台共『スペック3』投入へ | トップページ | オーストリアGPではいちファンがチェッカーフラッグ担当に »