« ロバート・クビサ、ベルギーGPでF1復帰か | トップページ | F1チーム、優待されたF1株式購入せず »

2017/07/26

名門『アストンマーティン』、F1復帰の可能性高まる

 Aston Martin Logo
イギリスの高級自動車メーカー『アストンマーティン』(アストンマーティン・ラゴンダ社)が、F1復帰の意志をみせている。

かつて1959年から1960年に掛けてF1参戦の歴史があるアストンマーティンは当時わずか数回の参戦に留まり成績は予選2位決勝6位というものだったが、それなりの存在感を示した。

今回、FIA(国際自動車連盟)が主導した2021年以降の新レギュレーションによるF1についてテクニカル・ワーキング・グループに同社はコスワースらと共にオブザーバーとして参加、高い関心を示していたもの。

なお同社のF1参戦が実現した場合、コストの面から今度はコンストラクターとしではなくコスワースと協力したエンジン・サプライヤーと言う説が有力とされ、その場合のパートナーにはレッドブル・レーシングの名前が有力候補として挙げられている。

|

« ロバート・クビサ、ベルギーGPでF1復帰か | トップページ | F1チーム、優待されたF1株式購入せず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65581577

この記事へのトラックバック一覧です: 名門『アストンマーティン』、F1復帰の可能性高まる:

« ロバート・クビサ、ベルギーGPでF1復帰か | トップページ | F1チーム、優待されたF1株式購入せず »