« 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)突破もバンドーン脱落 | トップページ | カナダGP予選、ハミルトン(メルセデス)がカナダ3年連続のポール »

2017/06/11

予選Q2、アロンソ(マクラーレン)ここで力尽く

引き続きカナダGPは15分間の予選Q2がスタート。
ここでも15台中、Q1と同じく下位の5台がノックアウトとなる。

最初のアタックで早くもハミルトン(メルセデス)がタイミングモニターの最上位に名前を刻む。
続いてライコネン(フェラーリ)、ボタス(メルセデス)が続いた。
アロンソ(マクラーレン)は他車からタイミングを遅らせてアタック。
ベッテルを除いた14台の最終アタックでクビアト(トロ・ロッソ)がマシンをウォールにヒットさせ右リヤタイヤのパンクチャーに見舞われる。

トップタイムはハミルトン(メルセデス)で1'12.496のベストタイム。
0.067秒差で僚友ボタス(メルセデス)、以下、ライコネン(フェラーリ)、ベッテル(フェラーリ)、フェルスタッペン(レッドブル)、リカルド(レッドブル)、マッサ(ウィリアムズ)、ペレス(フォース・インディア)、オコン(フォース・インディア)、そしてヒュルケンバーグ(ルノー)までの10台がQ3進出。

ここで敗退となったのはクビアト(トロ・ロッソ)、アロンソ(マクラーレン)、サインツ(トロ・ロッソ)、グロージャン(ハース)、そしてパーマー(ルノー)の5台になった。

|

« 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)突破もバンドーン脱落 | トップページ | カナダGP予選、ハミルトン(メルセデス)がカナダ3年連続のポール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65396069

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2、アロンソ(マクラーレン)ここで力尽く:

« 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)突破もバンドーン脱落 | トップページ | カナダGP予選、ハミルトン(メルセデス)がカナダ3年連続のポール »