« フリー2回目、フェルスタッペン(レッドブル)最速もクラッシュ | トップページ | ボタス(メルセデス)、ピットレーン速度違反で罰金 »

2017/06/24

アロンソ(マクラーレン)のトラブルはギヤボックス

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
パワーユニットやターボチャージャーまで交換して臨んだ筈のアゼルバイジャンGP初日にいきなりマシントラブルに見舞われたマクラーレン・チーム。
この日午後行われた2回目のフリー走行セッションで、アロンソは白煙を上げてコースサイドにストップ、直後ドライバーは「エンジン!」と、無線で伝えたもの。

これにより多くの関係者は再びホンダに疑惑の目を向けたが、同チームのエリック・ブイユ/レーシング・ディレクターはこれを否定した。
ブイユ氏は、「トラブルはエンジンではなく、ギヤボックスだった」と明言。

ホンダの名誉は守られたものの、ただ相変わらずこのチームの信頼性レベルが低いことを立証した形となってしまった。

|

« フリー2回目、フェルスタッペン(レッドブル)最速もクラッシュ | トップページ | ボタス(メルセデス)、ピットレーン速度違反で罰金 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65449959

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(マクラーレン)のトラブルはギヤボックス:

« フリー2回目、フェルスタッペン(レッドブル)最速もクラッシュ | トップページ | ボタス(メルセデス)、ピットレーン速度違反で罰金 »