« マクラーレン、ホンダとの訣別決断を英紙報道 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、イギリスGPで『シールド』テストへ »

2017/06/16

レッドブル、ルノー・スポールの方針に渋面

Renault V6 Turbo Engine (C)Renault Sport
拡大します
ルノー・スポールは同社製のパワーユニットについて、今シーズン中の大幅バージョンアップをもう行わない方針を示したが、これに対して同エンジンの供給を受けているレッドブル・レーシングが不満の様相だ。

同チームのレースドライバーで、昨年のスペインGPでみごと初優勝を遂げたマックス・フェルスタッペンは母国オランダのメディアに次のように主張している。

「僕らは勝つためにF1を戦っているし、実際それだけのポテンシャルもあると思っている。
でもそのためにはシャシーのほうの改善だけでは駄目だ。
エンジンもそれなりにグレードアップしていかなくてはF1で勝つことはできない。
今年のエンジンには大きな期待を持っていたけれど、残念ながら少し足りなかった。
目標は遠い。
もしこのままで来年も同じことが繰り返されるのでは耐えられないよ」

|

« マクラーレン、ホンダとの訣別決断を英紙報道 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、イギリスGPで『シールド』テストへ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65416825

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル、ルノー・スポールの方針に渋面:

« マクラーレン、ホンダとの訣別決断を英紙報道 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、イギリスGPで『シールド』テストへ »