« パーマー(ルノー)、シート喪失危機の噂も浮上 | トップページ | C.キャリーF1/CEOがルマン24時間レースのスターターに »

2017/06/17

元HRT首脳、ホンダF1プロジェクトの弱点を指摘

Toni Cuquerella (C)HRT
元HRT(ヒスパニア・レーシング・チーム)でテクニカル・ディレクターを務めたトニ・クケレラ氏が、開発に苦戦するホンダF1プロジェクトの弱点と思しき面を指摘した。

「F1の開発はほんとうに難しいんだ。
聞くところでは、ホンダは現場で実車に起きた現象がベンチで再現できないということだ。
これはベンチでのテストと現場とがうまく連携できておらずシミュレーションが機能していないということだね。
巨額の費用を掛けて開発にあたったと思うけれど、この部分のノーハウが不十分だったのではないか。
いまのF1はテストが厳しく制限されているから、ファクトリーでのシミュレーションがそれだけ重要になっているんだ。
ホンダの苦闘には同情するよ」

しかしホンダに残された時間はあまりない。

|

« パーマー(ルノー)、シート喪失危機の噂も浮上 | トップページ | C.キャリーF1/CEOがルマン24時間レースのスターターに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65420749

この記事へのトラックバック一覧です: 元HRT首脳、ホンダF1プロジェクトの弱点を指摘:

« パーマー(ルノー)、シート喪失危機の噂も浮上 | トップページ | C.キャリーF1/CEOがルマン24時間レースのスターターに »