« アウディ、2021年以降のF1参戦の可能性排除せず | トップページ | 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)突破もバンドーン脱落 »

2017/06/11

カナダGPフリー3回目はベッテル(フェラーリ)が最速タイム

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
11日(土)、公式予選を前にカナダGPフリー走行3回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、気温19度、路面温度29度、湿度は34%でコースはドライコンディションと報告されている。

真っ先にコースインしたのは今シーズン意気盛んなフェラーリ・チームのライコネン&ベッテル。
最初のアタックを終えた時点でそのベッテルがトップ。
しかしライバル・ハミルトン(メルセデス)がピタリと背走する形。
その後はロングランを始めとしたプログラムに集中するチームも多く大きな変動やアクシデントもなく終了、ベッテルが最速のまま60分間のセッションは終了。

トップタイムはベッテル(フェラーリ)の1'12.572。
2番手もフェラーリのライコネンが0.292秒差で続いた。
以下、ハミルトン(メルセデス)、フェルスタッペン(レッドブル)、ボタス(メルセデス)、ヒュルケンバーグ(ルノー)、マッサ(ウィリアムズ)、リカルド(レッドブル)、オコン(フォース・インディア)、サインツ(トロ・ロッソ)というトップ10。
マクラーレン勢はアロンソ12番手、バンドーンは16番手となった。

カナダGPフリー走行3回目の結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

|

« アウディ、2021年以降のF1参戦の可能性排除せず | トップページ | 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)突破もバンドーン脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65396648

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGPフリー3回目はベッテル(フェラーリ)が最速タイム:

« アウディ、2021年以降のF1参戦の可能性排除せず | トップページ | 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)突破もバンドーン脱落 »