« 予選Q2、ハミルトン(メルセデス)の速さ際立つ | トップページ | 交換集中でアロンソ(マクラーレン)は合わせて40グリッド降格に »

2017/06/24

アゼルバイジャンGP予選、ハミルトン(メルセデス)がポール決める

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
24日(土)午後、アゼルバイジャンGPの公式予選がドライコンディションのもと行われた。
各車2度目のアタックラップに入ったところ、リカルド(レッドブル)が左リヤタイヤをウォールにヒットさせ6コーナーでストップ、セッションは赤旗中断となった。
この時点でトップはボタス(メルセデス)の1'41.274。
マッサ&ストロールのウィリアムズ勢はまだタイムを記録していない。

セッション再開、残り時間は約3分30秒。
最後のアタックでハミルトン(メルセデス)がボタスを逆転、ただ一人ベストタイムを1分40秒台に入れてここアゼルバイジャンで初となるポールポジションを決めた。
ハミルトンのポールは前戦カナダに続くもので今季5回目、自身通算66回目の快挙になった。

2番手ボタス(メルセデス)でハミルトンからは0.434秒遅れた。
メルセデスAMG勢のフロントロウ独占はバーレーンGP以来の今季2度目。
3番手ライコネン(フェラーリ)、4番手ベッテル(フェラーリ)、5番手フェルスタッペン(レッドブル)、6番手ペレス(フォース・インディア)、7番手オコン(フォース・インディア)、8番手ストロール(ウィリアムズ)、9番手マッサ(ウィリアムズ)、10番手がリカルド(レッドブル)という結果になった。
なお新人ストロールにとってこの初体験サーキットでみごとチームメイトを上廻る自己予選ベストを記録したことになる。

明日は現地時間:17時(日本時間:22時)に51周による決勝レースがスタートする。

アゼルバイジャンGP公式予選の結果はこちら
ゼルバイジャンGPの画像はこちら

|

« 予選Q2、ハミルトン(メルセデス)の速さ際立つ | トップページ | 交換集中でアロンソ(マクラーレン)は合わせて40グリッド降格に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65453161

この記事へのトラックバック一覧です: アゼルバイジャンGP予選、ハミルトン(メルセデス)がポール決める:

« 予選Q2、ハミルトン(メルセデス)の速さ際立つ | トップページ | 交換集中でアロンソ(マクラーレン)は合わせて40グリッド降格に »