« メルセデス、巻き込まれるマクラーレン騒動に「閉口」 | トップページ | ザウバー・チーム、今週は暫定運営体制で »

2017/06/23

ジャン・トッドFIA会長、新規参戦チームの可能性を示唆

Jean Todt (C)RedBull Racing
拡大します
F1に参戦するチーム数について、全12チームまで認めるという合意があるとされるが、昨季限りでマノーが消滅、現在は10チームに留まっている。
こうした現状について、FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長が近い将来F1参戦に関心を見せている複数のチームがあることを示唆、関係者の注目を集めている。

「個人的には、12チーム24台がグリッドに着くのがベストと考えている。
だからそれだけのポテンシャルがあり、持続可能なチームであれば新規参入を受け入れたい。
実際、私の耳にはすでに複数の有力候補の名前が伝わっている。
今すぐという訳ではないが、ふさわしい時期が来れば新規参入のための入札を行うつもりだよ」と、トッド会長。

しかし2018年から参入の可能性について聞かれると、「それは無理」と、一笑に付した。

|

« メルセデス、巻き込まれるマクラーレン騒動に「閉口」 | トップページ | ザウバー・チーム、今週は暫定運営体制で »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65445756

この記事へのトラックバック一覧です: ジャン・トッドFIA会長、新規参戦チームの可能性を示唆:

« メルセデス、巻き込まれるマクラーレン騒動に「閉口」 | トップページ | ザウバー・チーム、今週は暫定運営体制で »