« 『引退の先輩』マッサ(ウィリアムズ)、アロンソにアドバイス | トップページ | F.トスト代表(トロ・ロッソ)、「新人育成だけでは好成績残せない」 »

2017/06/19

中国に新規F1チーム設立の動き

Chinese GP Scene (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
ドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』が、中国国内に新規F1チーム設立の動きがあることを報じて注目されている。
それによれば中国の資本家が設立資金を集め、イギリスに本拠を置くチームを設立、2018年シーズンからの参戦を目標に動いているというもの。

しかし現実的には2018年の新規参戦というのは手続き上もあり得ないし、ファクトリーやマシン、スタッフ、さらに肝心の資金集めも今からというのでは間に合う可能性は極めて低い。
したがってFIA(国際自動車連盟)が認めるところでは、少なくとも2020年までは現在の体制が続くとみられている。

ただレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、同チームのスタッフに具体的な勧誘の打診があったことを認めていて、これが単なるまったくの虚報という訳ではないようだ。

|

« 『引退の先輩』マッサ(ウィリアムズ)、アロンソにアドバイス | トップページ | F.トスト代表(トロ・ロッソ)、「新人育成だけでは好成績残せない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65430041

この記事へのトラックバック一覧です: 中国に新規F1チーム設立の動き:

« 『引退の先輩』マッサ(ウィリアムズ)、アロンソにアドバイス | トップページ | F.トスト代表(トロ・ロッソ)、「新人育成だけでは好成績残せない」 »