« 元HRT首脳、ホンダF1プロジェクトの弱点を指摘 | トップページ | ジャン・トッドFIA会長、「時代は電気、やがてフェラーリも」 »

2017/06/17

C.キャリーF1/CEOがルマン24時間レースのスターターに

Chase Carey/CEO (C)Liberty Media Group
拡大します
リバティ・メディアがF1のオーナーになったことにより、新しくF1のCEO(最高経営責任者)に就いたチェイス・キャリー氏が、17日(土)-18日(日)に行われるWEC(世界耐久選手権)第3戦の『ルマン24時間レース』のスターターを務めることがわかった。

バーニー・エクレストン氏の時代のF1は独自路線を歩むことが多く、昨年のルマン24時間レースもヨーロッパGPと日程がバッティングするなどしていたが、キャリー氏は他のカテゴリーとも積極的に交流を図っていく姿勢をみせていて、これもその一つの表れ。
ルマン24時間レースを運営するACO(西部自動車クラブ)もこれを歓迎した形だ。

なお、昨年は人気俳優のブラッド・ピット氏がスターターを務めた。

|

« 元HRT首脳、ホンダF1プロジェクトの弱点を指摘 | トップページ | ジャン・トッドFIA会長、「時代は電気、やがてフェラーリも」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65420787

この記事へのトラックバック一覧です: C.キャリーF1/CEOがルマン24時間レースのスターターに:

« 元HRT首脳、ホンダF1プロジェクトの弱点を指摘 | トップページ | ジャン・トッドFIA会長、「時代は電気、やがてフェラーリも」 »