« サインツ(トロ・ロッソ)に進路妨害で戒告ペナルティ | トップページ | カナダGPフリー3回目はベッテル(フェラーリ)が最速タイム »

2017/06/10

アウディ、2021年以降のF1参戦の可能性排除せず

Audi (C) Audi AG
ドイツの有力自動車メーカーの一つ『アウディ』が、現在もなお2021年以降のF1参戦の可能性があることがわかった。
これは同社でモータースポーツ・ディレクターを務めるディーター・ガス氏が明らかにしたもの。
それによればF1の新たなエンジン・レギュレーション次第ではF1参入もあり得るとのこと。

「根本はわれわれ自動車メーカーにとってメリットがあるかどうかだ。
F1にそれを見出せなければ、(電気自動車である)フォーミュラEのほうがいい」

同氏は昨年までDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)部門を担当していたが、今シーズンからはWEC(世界耐久選手権)で責任者を務めている。

なおアウディはこと氏3月に行われたFIA(国際自動車連盟)のエンジン会議にもランボルギーニ、イルモアらと共に参加している。

|

« サインツ(トロ・ロッソ)に進路妨害で戒告ペナルティ | トップページ | カナダGPフリー3回目はベッテル(フェラーリ)が最速タイム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65392918

この記事へのトラックバック一覧です: アウディ、2021年以降のF1参戦の可能性排除せず:

« サインツ(トロ・ロッソ)に進路妨害で戒告ペナルティ | トップページ | カナダGPフリー3回目はベッテル(フェラーリ)が最速タイム »