« ウェーレイン(ザウバー)、次戦カナダGPの出走認められる | トップページ | ハミルトンのインディカー侮蔑発言が波紋 »

2017/06/03

バトン(マクラーレン)、鈴鹿1000kmでスーパーGTデヒューへ

Jenson Button (C)Williams F1
拡大します
F1モナコGPで半年ぶりのレース復帰を果たしたマクラーレン・チームのジェンソン・バトンが、今度は日本のスーパーGTに挑戦することがわかった。

これは本田技研工業が明らかにしたもので、今年8月27日(日)に鈴鹿サーキットで行われる伝統の『1000kmレース』に正式エントリーしたとのこと。
マシンはホンダNSX-GTでチーム無限からの参戦になる。
バトンはこれに先駈け、来たる6月6日(火)・7日(水)に鈴鹿サーキットで行われるタイヤメーカーテストに参加し、マシンや日本のレースに慣れる予定。

鈴鹿1000kmは1966年から続く国内屈指の歴史を誇る伝統の自動車レースだが今年が最後の開催、2018年からは新たな耐久レースが開始することになっている。
初代の優勝者はトヨタ・2000GTの福沢幸雄/津々見友彦組。

|

« ウェーレイン(ザウバー)、次戦カナダGPの出走認められる | トップページ | ハミルトンのインディカー侮蔑発言が波紋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65362735

この記事へのトラックバック一覧です: バトン(マクラーレン)、鈴鹿1000kmでスーパーGTデヒューへ:

« ウェーレイン(ザウバー)、次戦カナダGPの出走認められる | トップページ | ハミルトンのインディカー侮蔑発言が波紋 »