« サインツ(トロ・ロッソ)には次戦グリッド降格とペナルティ・ポイント | トップページ | グロージャン(ハース)、サインツの謝罪受け入れ »

2017/06/12

メルセデスのルイス・ハミルトン、 ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で圧勝 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 カナダグランプリ決勝
・多彩な戦略が展開された中、 フェラーリの両ドライバーは 2 ストップのスプリント戦略を実行
・摩耗とデグラデーションは全コンパウンドで低いレベル 序盤のセーフティーカー導入の影響もあり、 長いオープニングスティントが見られた

2017年6月11日、モントリオール
多彩な戦略が展開されたカナダグランプリで、メルセデスのルイス・ハミルトンが、ウルトラソフト – スーパー ソフトと繋ぐ戦略で優勝しました。2 位と 3 位のドライバーも 1 ストップ戦略を採用しましたが、彼らは第 2 スティントをソフトタイヤで走行しました。ハミルトンは、ウルトラソフトで長い第 1 スティントを走行したことによ って、トップを譲ることなくピットストップを完了しました。
ハミルトンと異なるアプローチを採ったフェラーリは、終盤にウルトラソフトを使用してポジションアップを狙う2 ストップ戦略を実行しました。セバスチャン・ベッテルの場合、レース序盤のフロントウィングへのダメージ もあって、1 回目のピットストップを早めに行いました。ハースのケビン・マグヌッセンとザウザーのパスカル・ ウェーレインを除く全ドライバーが、ウルトラソフトでスタートを切りました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「今日は、このレース週末で最も荒れたコンディショ ンとなり、レース序盤にセーフティーカー導入も発生しました。これらの点が戦略に影響を及ぼし、多くのチ ームが、変化するレース状況に対応しつつ、多彩なアプローチを採っていました。ハミルトンは、ウルトラソ フトで長い第 1 スティントを走行したことにより、スーパーソフトでフィニッシュすることができました。フォー ス・インディアも同様の戦略を使用して表彰台争いを演じました。フェラーリは、ベッテルの早めのピットスト ップに対応し、終盤にポジションアップを狙う戦略を採用しました」

ピレリジャパン・プレスリリース

111

Truthometer:
ルイス・ハミルトンが 1 ストップ戦略で優勝しました。ハミルトンの戦略は、我々が理論上 2 番目に速いと予 測したものでした。ウルトラソフトでスタートしたハミルトンは、32     周目にスーパーソフトへ交換しました。一方、 2 位を獲得したチームメイトのバルテリ・ボッタスは、我々の予測した最速戦略通り、ウルトラソフトでスター トし、23 周目にソフトへ交換しました。

|

« サインツ(トロ・ロッソ)には次戦グリッド降格とペナルティ・ポイント | トップページ | グロージャン(ハース)、サインツの謝罪受け入れ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65402495

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスのルイス・ハミルトン、 ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で圧勝 (ピレリ):

« サインツ(トロ・ロッソ)には次戦グリッド降格とペナルティ・ポイント | トップページ | グロージャン(ハース)、サインツの謝罪受け入れ »