« モナコGP予選、ライコネン(フェラーリ)が9年ぶりポール獲得 | トップページ | 健闘バトン(マクラーレン)、しかしペナルティのとばっちり »

2017/05/28

予選Q2敗退のハミルトン(メルセデス)、「話す気にならない」

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ポールポジションどころかのさかの予選Q2敗退で14番グリッドと、昨年のベルギーGP(21位)以来となる後位になったが、ベルギーの時はすでにペナルティが決まっていたという事情があった。

今回は1回目、2回目のアタック共にベストタイムを出すのに失敗、セッション最後のアタックではバンドーン(マクラーレン)のクラッシュで出たイエローフラッグに邪魔されることとなったもの。

「ガッカリなんていうものじゃないよ。
ショックが大きすぎて、こうして話しているのも辛いくらいさ。
イエローがなければ?
今さらそんなことを考えても仕方ない、現実にそういうことになってしまったんだから。
明日の決勝レースでは頑張るよって言いたいところだけれど、ここはモナコだからね。
明日はせいぜいポイントが取れるところ(10位以内)を目指すしかない。
悲しいけれど、もう週末が終わった気分だよ」

チームでは、「どこかに原因がある筈なので、これからマシンを詳細にチェックしたい」とした。

|

« モナコGP予選、ライコネン(フェラーリ)が9年ぶりポール獲得 | トップページ | 健闘バトン(マクラーレン)、しかしペナルティのとばっちり »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65337338

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2敗退のハミルトン(メルセデス)、「話す気にならない」:

« モナコGP予選、ライコネン(フェラーリ)が9年ぶりポール獲得 | トップページ | 健闘バトン(マクラーレン)、しかしペナルティのとばっちり »