« スペインGPはハミルトン(メルセデス)がポールTOウィン | トップページ | カーナンバー表記不十分でフォース・インディアに罰金 »

2017/05/15

「泣きっ面に蜂」のバンドーン(マクラーレン)

 FIA
スペインGP決勝レースではスタートから後方に埋もれ、あまり見せ場のなかったマクラーレン・チームのストッフェル・バンドーンだったが、唯一国際映像で大きく採り上げられたのは終盤起きたフェリッペ・マッサ(ウィリアムズ)との接触事故だった。

1コーナーをインからオーバーテイクしようとしたマッサにバンドーンは気が付いていなかった模様でアウトから被せる形で接触。
バンドーン(マクラーレン)はこれにより右フロント・サスペンションを損傷し、リタイヤを余儀なくされた。

しかしこれを審議対象としたスペインGPのレーススチュワード(競技委員)は、バンドーンに非があるとして次戦モナコGPで3グリッド降格のペナルティを科すと共にペナルティ・ポイント2点の処分を通知した。

バンドーンは前戦ロシアGPでもコース復帰の際に規定の手順を踏まなかったとしてペナルティ・ポイント1点を科されていてこれでトータル3点。
ペナルティ・ポイントは1年間の累計で12点に達した場合、スーパーライセンスが停止され、出場停止となる。

|

« スペインGPはハミルトン(メルセデス)がポールTOウィン | トップページ | カーナンバー表記不十分でフォース・インディアに罰金 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65281110

この記事へのトラックバック一覧です: 「泣きっ面に蜂」のバンドーン(マクラーレン):

« スペインGPはハミルトン(メルセデス)がポールTOウィン | トップページ | カーナンバー表記不十分でフォース・インディアに罰金 »