« 思わぬ不評、ハースF1『VF-17』の新カラーリング | トップページ | 予選Q1、バンドーン(マクラーレン)が初のQ2進出果たす »

2017/05/27

モナコGPフリー3回目はベッテル(フェラーリ)が最速タイム

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
27日(土)、公式予選を前にモナコGPフリー走行3回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、気温24度、路面温度36度、湿度は40%でコースはドライコンディションと報告されている。

セッションがあと8分ほどというところでオコン(フォース・インディア)がプール出口のシケインでガードレールにクラッシュしてバーチャル・セーフティカーに。
再開された残り時間はわずか4分だけとなった
60分のセッション終了直後、リカルド(レッドブル)が1コーナーでコースオフ。
無線ではブレーキトラブルと訴えた。

トップタイムはベッテル(フェラーリ)で1'12.395、これにチームメイトのライコネンが0.345秒差で続き、公式予選を前に跳ね馬の1-2となった。
3番手ボタス(メルセデス)、4番手フェルスタッペン(レッドブル)、5番手ハミルトン(メルセデス)、6番手リカルド(レッドブル)、7-8番手サインツ&クビアトトロ・ロッソ勢、9番手マグヌッセン(ハース)、10番手にバンドーン(マクラーレン)が飛び込んだ。
なおバトン(マクラーレン)はチームメイトに続く11番手。

このあと現地時間:14時(日本時間:21時)から注目の公式予選が行われる。

モナコGPフリー走行3回目の結果はこちら
モナコGPの画像はこちら

|

« 思わぬ不評、ハースF1『VF-17』の新カラーリング | トップページ | 予選Q1、バンドーン(マクラーレン)が初のQ2進出果たす »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65335538

この記事へのトラックバック一覧です: モナコGPフリー3回目はベッテル(フェラーリ)が最速タイム:

« 思わぬ不評、ハースF1『VF-17』の新カラーリング | トップページ | 予選Q1、バンドーン(マクラーレン)が初のQ2進出果たす »