« スペインGPフリー1回目、再びメルセデスAMG勢が席巻 | トップページ | ジャン・トッド氏、FIA会長3期目に意欲 »

2017/05/12

スペインGPフリー2回目、ハミルトン(メルセデス)が依然最速

Motorhome (C)Sahara Force India F1
拡大します
12日(金)、引き続きF1第5戦スペインGPのフリー走行2回目セッションが現地時間14時(日本時間:21時)から行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、気温25度、路面温度43度まで上昇、湿度は32%、コースはドライコンディションと報告されている。
午前のフリー走行でストップしたアロンソ(マクラーレン)はエンジン本体に問題はないもののパワーユニット毎交換になり作業はまもなく終える見込みとのこと。

セッションが60分ほど過ぎた頃、サインツ(トロ・ロッソ)のマシンから脱落したパーツがコース中央部に残り、いったん赤旗中断としてデブリ(破片)改修の措置が取られた。
結局ここでも最上位がメルセデスAMG勢でフェラーリ、レッドブル、さらにルノー勢がそれぞれ2台ずつ並ぶ結果となった。
トップはハミルトン(メルセデス)で1'20.802、2番手に0.090秒差でボタス(メルセデス)、3番手ライコネン(フェラーリ)、4番手ベッテル(フェラーリ)、5番手フェルスタッペン(レッドブル)、6番手リカルド(レッドブル)、7番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、8番手パーマー(ルノー)、9番手マッサ(ウィリアムズ)、10番手がサインツ(トロ・ロッソ)だった。

マクラーレンはバンドーンが13番手、今度は21周を走行できたアロンソだが、それでもタイムは最下位だった。

スペインGPフリー走行2回目の結果はこちら
スペインGPの画像はこちら

|

« スペインGPフリー1回目、再びメルセデスAMG勢が席巻 | トップページ | ジャン・トッド氏、FIA会長3期目に意欲 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65270993

この記事へのトラックバック一覧です: スペインGPフリー2回目、ハミルトン(メルセデス)が依然最速:

« スペインGPフリー1回目、再びメルセデスAMG勢が席巻 | トップページ | ジャン・トッド氏、FIA会長3期目に意欲 »