« バトン(マクラーレン)、「ビリなんて納得できなかった」 | トップページ | レッドブル・レーシングでも内部で小さな波紋 »

2017/05/31

ベッテル(フェラーリ)、「モナコGP順位操作説」浮上に当惑

Monaco GP Podium (C)Ferrari S.p.A
拡大します
予選2番手からスタートしたモナコGP決勝レースで、みごとピットストップ戦略が功を奏し首位に浮上、そのまま優勝を果たしたフェラーリ・チームのセバスチャン・ベッテルだが、その後関係者の間で囁かれる「順位操作説」の浮上に当惑している模様だ。

「そもそもフェラーリにチームオーダーなんてないし、なんでこんな噂が広まっているのかわからないよ。
たまたま僕はオーバーカット(ライバルよりピットストップのタイミングを遅らせる)で成功したけれど、今回はあのコンディションでスーパーソフトとウルトラソフトどちらのタイヤが有利なのか分からなかったし、ライコネン(フェラーリ)とタイミングが異る作戦になったのも手探りの結果だったんだ。
それにピットストップは基本的に先行しているドライバーのほうに優先権があって今回それはライコネンのほうだったからね。
僕自身、2位をキープするためハードにプッシュした訳で、結果的に1位になってしまったことに驚いたくらいだもの」

一般的にはライバルより早めにピットインし、フレッシュな新品タイヤでタイムを稼ぐほうが有利とみられていた。

|

« バトン(マクラーレン)、「ビリなんて納得できなかった」 | トップページ | レッドブル・レーシングでも内部で小さな波紋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65350390

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル(フェラーリ)、「モナコGP順位操作説」浮上に当惑:

« バトン(マクラーレン)、「ビリなんて納得できなかった」 | トップページ | レッドブル・レーシングでも内部で小さな波紋 »