« マルキオンネ会長(フェラーリ)、「ベッテルとの来季契約は白紙」 | トップページ | 思わぬ不評、ハースF1『VF-17』の新カラーリング »

2017/05/27

F4での事故を受け、F1マシンのジャッキアップポイントを修正

Haas 『VF-17』(C)Haas F1 Team
拡大します
今週のモナコGPを前に、FIA(国際自動車連盟)はF1マシンのジャッキアップポイントの修正を各チームに命じていたことを明らかにした。

それによればイギリスのF4レースで起きた事故では追突したマシンのノーズが先行マシンに突き刺さった形になったためドライバーの救出に想定外の時間が掛かったという。
若手ドライバーのビリー・モンガーはこのため両足切断という深刻な結果になったため、F1でもこれを繰り返すことがないよう緊急指示が行われたもの。

すべてのチームがこれに該当する訳ではないというが、ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表は、「われわれのマシンはこの必要性を感じたので緊急に対処する作業を強いられた。
しかしこの件でのFIAの対応はモーターレーシングにおいて正しいものだ」として、前向きに受け入れたことを明らかにした。

|

« マルキオンネ会長(フェラーリ)、「ベッテルとの来季契約は白紙」 | トップページ | 思わぬ不評、ハースF1『VF-17』の新カラーリング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65333250

この記事へのトラックバック一覧です: F4での事故を受け、F1マシンのジャッキアップポイントを修正:

« マルキオンネ会長(フェラーリ)、「ベッテルとの来季契約は白紙」 | トップページ | 思わぬ不評、ハースF1『VF-17』の新カラーリング »