« マーク・ウェバー氏、バトン(マクラーレン)のモナコGP復帰に冷淡 | トップページ | ベッテル弟、スポーツカーレースでデビュー »

2017/05/09

金の卵、日本女性初のF1ドライバー目指す

Juju Noda
日本人女性レーサーとして初のF1ドライバー目指す金の卵が話題を集めている。

その女性は野田樹潤(じゅじゅ)さん、まだ11歳の小学生だ。
名前から推察されるように、父親は1994年にラルースから出走した元F1ドライバーの野田英樹氏。
フォーミュラ・ニッポンやスポーツカーレース等でも活躍したあと、現在は岡山国際サーキットを本拠に『NODAレーシングアカデミー』を興し、校長として新人の発掘・育成に務めている。

その英樹氏の二女である樹潤さんは9歳でレーシングカートを始め、多くのレースを総なめにした後、今年はフォーミュラ4にステップアップしている。

FIA・F4は日本だけでなくイギリスやフランスでもそれぞれ行われている国際規格を元にしたシリーズ。
ワンメイク・シャシーに2000CCの量産エンジンが搭載される。
このF4からさらにF3、F2を経てF1へ繋がるモーターレーシングの本流ということになる。
近い将来、F1のフィールドを日本女性が走っていたら、大いに盛り上がることだろう。

|

« マーク・ウェバー氏、バトン(マクラーレン)のモナコGP復帰に冷淡 | トップページ | ベッテル弟、スポーツカーレースでデビュー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65256382

この記事へのトラックバック一覧です: 金の卵、日本女性初のF1ドライバー目指す:

« マーク・ウェバー氏、バトン(マクラーレン)のモナコGP復帰に冷淡 | トップページ | ベッテル弟、スポーツカーレースでデビュー »