« レッドブル、「オーストリアGPでのアップデートは必須」 | トップページ | フォース・インディア、カーナンバー表記修正も不満吐露 »

2017/05/19

アロンソ、インディ500プラクティスで4番手タイム

Fernando Alonso (C)Indycar Media
拡大します
精力的にインディ500レース公式プラクティスに臨んでいるマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソは、3日目こそ雨で周回が制限されたもののコンディションが回復した4日目の18日(木)も順調に周回を重ねた。

全33人が参加したこの日、トップスピードをマークしたのはシュミット・ペテルソン・モータースポーツ(ホンダ・エンジン)のジェイ・ハワードで1周226.744マイルを記録。

注目のフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ)は全体の4番手にあたる225.619マイルをマークして関係者を唸らせた。
またアンドレッティ・オートスポーツの佐藤琢磨も全体の9番手と引き続き好調さをみせている。

インディ500プラクティス4日目の結果はこちら

|

« レッドブル、「オーストリアGPでのアップデートは必須」 | トップページ | フォース・インディア、カーナンバー表記修正も不満吐露 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65300126

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ、インディ500プラクティスで4番手タイム:

« レッドブル、「オーストリアGPでのアップデートは必須」 | トップページ | フォース・インディア、カーナンバー表記修正も不満吐露 »