« モニシャ・カルテンボーン(ザウバー/CEO)、『最高の母の日』 | トップページ | F1、2輪モトGPとのカレンダー衝突回避で会談 »

2017/05/18

アロンソ、インディ500プラクティス2日目も順調に周回重ねる

Fernando Alonso (C)Indycar Media
拡大します
インディ500レース公式プラクティスに臨んでいるマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソは、走行2日目となる16日(火)も順調に周回を重ねた。

初日と同じくトータル32人のドライバーが参加したこの日、トップスピード(インディ500では1周の平均速度で比較)をマークしたのはチーム・ペンスキー(シボレー・エンジン)のウィル・パワーで1周224.656マイルを記録。

注目のアロンソ(マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ)はこの日最多となるトータル117ラップを周回、初入賞のトラフィックを経験しながら全体で24番手のスピードを記録した。
またアンドレッティ・オートスポーツの佐藤琢磨は全体の6番手と引き続き好調さをみせている。

インディ500プラクティス2日目の結果はこちら

|

« モニシャ・カルテンボーン(ザウバー/CEO)、『最高の母の日』 | トップページ | F1、2輪モトGPとのカレンダー衝突回避で会談 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65293264

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ、インディ500プラクティス2日目も順調に周回重ねる:

« モニシャ・カルテンボーン(ザウバー/CEO)、『最高の母の日』 | トップページ | F1、2輪モトGPとのカレンダー衝突回避で会談 »