« ボタス(メルセデス)、スペインGPのトラブルはターボに原因 | トップページ | インディ500予選アタックの佐藤琢磨、「ウォールに接触した」 »

2017/05/23

2018年マクラーレンへのメルセデス・エンジン供給話は立ち消え

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
3年間に渡る苦闘を経て、2018年シーズンから再びマクラーレン・チームはメルセデス・エンジンの供給を受けるのではないか、という噂が流れていたが、FIA(国際自動車連盟)への届け出期限である5月15日(月)を過ぎても何の発表もなく、立ち消えになった模様だ。

これについて、当初から否定的な見解を示していたメルセデス・モータースポーツでCEO(最高経営責任者)を務めるニキ・ラウダ氏は次のようにドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』に語っている。

「いろいろな噂が流されていたようだが、はっきり言って2018年マクラーレン・チームにわれわれが再びエンジン供給するなんていうことはないよ。
数年前ならともかく、いまわれわれはライバル(フェラーリ)との間で熾烈なチャンピオンシップを戦っている。
それをわざわざさらにライバルを増やす必要などないからね。
われわれはいま自分自身の戦いに100%集中しなくてはならないんだ」と、F1レジェンド。

|

« ボタス(メルセデス)、スペインGPのトラブルはターボに原因 | トップページ | インディ500予選アタックの佐藤琢磨、「ウォールに接触した」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65317519

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年マクラーレンへのメルセデス・エンジン供給話は立ち消え:

« ボタス(メルセデス)、スペインGPのトラブルはターボに原因 | トップページ | インディ500予選アタックの佐藤琢磨、「ウォールに接触した」 »