« 松下信治、F2カタロニア戦で今季初優勝飾る | トップページ | ホンダ、大幅アップデート投入時期に遅れも »

2017/05/15

メルセデスのルイス・ハミルトン、異なるタイヤ戦略で大接戦を制す 2 ストップが主流となった中、ザウバーのパスカル・ウェーレインが 1 ストップ戦略でポイント獲得 (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 スペイングランプリ決勝
・高い性能を示したミディアムタイヤ、 摩耗とデグラデーションは抑制され、高温下での高速レースの鍵となる

2017 年 5 月 14 日、ムンマロー
メルセデスのルイス・ハミルトンが、最後まで大接戦を繰り広げたフェラーリのセバスチャン・ベッテルを抑え、 スペイングランプリを制しました。両ドライバーはともに 2 ストップ戦略を採りましたが、ハミルトンがソフト – ミディアム – ソフトと繋いだのに対し、ベッテルはソフト – ソフト – ミディアムと繋ぐ戦略を実行しました。

異なる戦略を採った両ドライバーは、トラック上及びピットストップで激しく競り合いましたが、最終的にはス ターティンググリッドの順番通りの結果となりました。温暖なドライコンディションが続き、レース終了時の路 面温度は 43℃でした。

ミディアムタイヤでスタートした 3 名のドライバー中、トロ・ロッソのダニール・クビアトは、最終列からのスタ ートからミディアム – ソフト – ソフトと繋ぐ戦略を使用してポイント圏内でフィニッシュしました。ザウバーのパ スカル・ウェーレインは、ソフトとミディアムをほぼ均等に使用する 1 ストップ戦略で 8 位(5 秒加算ペナルテ ィーを受けた結果)を獲得しました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「ハミルトンは、第 2 スティントで使用したミディアム タイヤの低いデグラデーションと高い性能を活かして優勝しました。3 位を獲得したダニエル・リカルドも同じ 戦略を採りました。高い路面温度にもかかわらず、摩耗とデグラデーションは抑制されていました。ハミルト ンがラスト 2 周時点で叩きだしたファステストラップが昨年よりも 3.4 秒以上速かったという事実が、これを 裏付けています」

ピレリジャパン・プレスリリース

20170513f1_r05_3

Truthometer:
ルイス・ハミルトンが 2 ストップ戦略で優勝しました。ハミルトンは、ソフトでスタートし、22 周でミディアムへ、 37 周でソフトへ交換しました。2 ストップが主流となりましたが、理論的な最速戦略は 3 ストップでした。3 ス トッパー中の最上位ドライバーは、12     位を獲得した地元の英雄であるフェルナンド・アロンソでした。

|

« 松下信治、F2カタロニア戦で今季初優勝飾る | トップページ | ホンダ、大幅アップデート投入時期に遅れも »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65282829

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスのルイス・ハミルトン、異なるタイヤ戦略で大接戦を制す 2 ストップが主流となった中、ザウバーのパスカル・ウェーレインが 1 ストップ戦略でポイント獲得 (ピレリ):

« 松下信治、F2カタロニア戦で今季初優勝飾る | トップページ | ホンダ、大幅アップデート投入時期に遅れも »