« インディ500挑戦のアロンソ『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』に輝く | トップページ | 再び事故のウェーレイン(ザウバー)、「いまのところ体調はOK」 »

2017/05/31

フェラーリのセバスチャン・ベッテル、 ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で優勝 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2017 モナコグランプリ決勝
・幅広い 1 ストップのタイミングが見られた中、 レッドブルのフェルスタッペン、 セーフティーカー導入周回中に 2 回目のストップを実行
・50℃に迫る高い路面温度が、モナコ史上屈指の高速レースへ試練を課す

2017年5月28日、モナコ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、予測通りのウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略でモ ナコグランプリを制しました。ベッテルは、ポールポジションを獲得したチームメイトのキミ・ライコネンよりも 長い第 1 スティントを走行し、ライコネンを抜くことに成功しました。ライコネンは 2 位を獲得しました。

レッドブルのダニエル・リカルドも同様の「オーバーカット」戦略で、スタート時のグリッドポジションを2つ上げて 3 位を獲得しました。一方、マクラーレンのジェンソン・バトンとザウバーのパスカル・ウェーレインは、ト ラックポジションゲインを狙った早めのピットストップを実行しました。

1 ストップ戦略が主流となった中、いくつかの異なるアプローチも見られました。残り 15 周時点のセーフティ ーカー導入周回中、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、メルセデスのバルテリ・ボッタスを抜くことを 狙って自身の最終セットとなるウルトラソフトへ交換しました。

13番グリッドからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトンは、ウルトラソフトで長いオープニングスティン
トを走行し、ポイント圏内の 7 位を獲得しました。レースの終盤、路面の問題によってターン 1 出口付近で 複数のパンクが発生しました。

セーフティーカー導入周回を除けば、モナコグランプリ史上屈指の高速レースが展開されました。フォース・ インディアのセルジオ・ペレスによるファステストラップは、2016 年のファステストラップ(このタイムは 2 周目 で早くも更新されました)より 3 秒以上速いものでした。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「1 ストップ戦略が最速であることは明白でしたが、 レースを通して見られた通り、ピットストップタイミングに関して幅広い選択肢が存在していました。予測通り、 摩耗とデグラデーションが低かったことで、路面温度が非常に高いコンディション下においても、ウルトラソ フトでも長い走行が可能となりました。モナコという特別な場所でワンツーフィニッシュを達成したフェラーリ を祝福します」

ピレリジャパン・プレスリリース

F1monaco_2
Truthometer:
セバスチャン・ベッテルが予測通りの1ストップ戦略で優勝しました。ウルトラソフトでスタートしたベッテルは、
チームメイトであるポールシッターのキミ・ライコネンのストップから 5 周後の 39 周目にスーパーソフトへ交 換しました。

|

« インディ500挑戦のアロンソ『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』に輝く | トップページ | 再び事故のウェーレイン(ザウバー)、「いまのところ体調はOK」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65351292

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリのセバスチャン・ベッテル、 ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略で優勝 (ピレリ):

« インディ500挑戦のアロンソ『ルーキー・オブ・ザ・イヤー』に輝く | トップページ | 再び事故のウェーレイン(ザウバー)、「いまのところ体調はOK」 »