« ジョビナッツィ待機でウェーレイン(ザウバー)にプレッシャー | トップページ | ザウバー・チーム、来季のパワーユニット変更否定せず »

2017/04/01

メルセデス『W08』の弱点は重量オーバーか

Mercedes AMG 『W08』 (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2017年のレギュレーションではF1マシンの最低重量が726kgとされている。
しかし王者メルセデスAMGチームの新型車『W08』はこの数字を上回っているという。
これは2017年仕様のパワーユニット全体の重量が増加したためとみられ、これがタイヤの消耗にも悪影響を与えているのではないか、というものだ。

通常F1マシンは最低重量以下に抑えられ、足りない分バラストを適正な位置に取り付けて運動性能の向上を図るのが通例。
しかし元々重量オーバーであるとそうした対策も立て難いことになる。

同陣営のエンジニアは多少重量オーバーであることは認めたものの、これについて近く改善できると説明しているという。
なお同じくメルセデス製パワーユニットを搭載するフォース・インディア・チームでは、シーズン前テスト時、ドライバーに体重の減量を求めたという話も伝わっている。

|

« ジョビナッツィ待機でウェーレイン(ザウバー)にプレッシャー | トップページ | ザウバー・チーム、来季のパワーユニット変更否定せず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65092264

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス『W08』の弱点は重量オーバーか:

« ジョビナッツィ待機でウェーレイン(ザウバー)にプレッシャー | トップページ | ザウバー・チーム、来季のパワーユニット変更否定せず »