« 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)突破もバンドーン脱落 | トップページ | バーレーンGP予選、ボタス(メルセデス)が初ポール獲得 »

2017/04/16

予選Q2、アロンソ脱落、ルノー勢が躍進みせる

バーレーンGPは予選Q2がスタート。
ここでも15台中、Q1と同じく下位の5台がノックアウトとなる。

トップタイムはハミルトン(メルセデス)でついに1分30秒を切る1'29.535をマーク。
しかしチームメイトのボタス(メルセデス)が0.020秒差で迫った。
3番手のベッテル(フェラーリ)とは0.061秒差。
4番手ライコネン(フェラーリ)、5番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、6番手フェルスタッペン(レッドブル)、7番手リカルド(レッドブル)、8番手マッサ(ウィリアムズ)、9番手グロージャン(ハース)、10番手パーマー(ルノー)までがQ3進出。

ここで脱落となったのはクビアト(トロ・ロッソ)、ストロール(ウィリアムズ)、ウェーレイン(ザウバー)、オコン(フォース・インディア)、そしてアロンソ(マクラーレン)の5台。
アロンソはマシントラブルか、一度コースには出たものの結局ノータイムでセッションを終えている。
このあとQ3でいよいよトップ10のグリッドが決まる。

|

« 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)突破もバンドーン脱落 | トップページ | バーレーンGP予選、ボタス(メルセデス)が初ポール獲得 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65155423

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2、アロンソ脱落、ルノー勢が躍進みせる:

« 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)突破もバンドーン脱落 | トップページ | バーレーンGP予選、ボタス(メルセデス)が初ポール獲得 »