« ロシアGPフリー3回目もフェラーリ勢が好調タイム | トップページ | 予選Q2、ボタスがトップタイム、アロンソ脱落 »

2017/04/29

予選Q1、アロンソ(マクラーレン)突破もバンドーン脱落

15日(土)午後、ロシアGPの公式予選Q1がスタートした。
使われるタイヤはウルトラソフト、スーパーソフト、そしてソフトの3種類。
セッション直前の天候は晴れ、気温21度、路面温度40度、湿度37%、コースはドライコンディションと報告されている。
ここでは全20台中、下位の5台がノックアウトとなる。

トップタイムはボタスで1'34.041。
これにチームメイトのハミルトンが0.368秒差で続いた。
ここまでトップだったフェラーリ勢のベッテルが3番手、ライコネンが4番手。
しかしこの2台だけがスーパーソフトで他はすべてウルトラソフト。
5番手フェルスタッペン(レッドブル)、6番手オコン(フォース・インディア)、7番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、8番手リカルド(レッドブル)、9番手サインツ(トロ・ロッソ)、10番手マッサ(ウィリアムズ)。

マクラーレンはアロンソが14番手でQ2進出もバンドーンは17番手。
ここで脱落となったのは最後にクラッシュしたパーマー(ルノー)、バンドーン(マクラーレン)、ウェーレイン(ザウバー)、エリクソン(ザウバー)、そしてグロージャン(ハース)の5台。

|

« ロシアGPフリー3回目もフェラーリ勢が好調タイム | トップページ | 予選Q2、ボタスがトップタイム、アロンソ脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65213652

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1、アロンソ(マクラーレン)突破もバンドーン脱落:

« ロシアGPフリー3回目もフェラーリ勢が好調タイム | トップページ | 予選Q2、ボタスがトップタイム、アロンソ脱落 »