« 徐々にドライとなるコンディションと序盤のセーフティーカー導入が 上海での戦略に影響を及ぼす (ピレリ) | トップページ | 窮地に追い込まれたジョビナッツィ(ザウバー) »

2017/04/11

ベッテル(フェラーリ)の「戦略的」グリッド位置が波紋呼ぶ

Chinese GP Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
9日(日)行われた中国GP決勝レースでは、予選2番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がフォーメーションラップ後に就いた位置が、指定されたライン位置よりもかなりポールのハミルトン(メルセデス)寄りにマシンを止めて注目を集めた。
スタートはそのまま行われたものの、後に『審議対象』とのテロップが国際映像に流れ、波紋を呼んだ。

スタートの判定が目視で行われていた時代にはかなり極端にマシンを斜めに止めたりするケースがしばしば見られたが、電子装置によりフライング(ジャンピング)をチェックする現在では珍しくなったシーンではある。

結局今回これについてのペナルティ等はなくレースも無事成立したが、他チームの関係者からは今後このスタート位置についてのルールを明確にすべきとの声が多く聞かれた。

|

« 徐々にドライとなるコンディションと序盤のセーフティーカー導入が 上海での戦略に影響を及ぼす (ピレリ) | トップページ | 窮地に追い込まれたジョビナッツィ(ザウバー) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65135114

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル(フェラーリ)の「戦略的」グリッド位置が波紋呼ぶ:

« 徐々にドライとなるコンディションと序盤のセーフティーカー導入が 上海での戦略に影響を及ぼす (ピレリ) | トップページ | 窮地に追い込まれたジョビナッツィ(ザウバー) »