« マッサ(ウィリアムズ)、「バトンはテスト参加すべきだった」 | トップページ | カナダGPも今年の高速F1に備えサーキット設備の改修へ »

2017/04/22

ペナルティ喫したサインツ(トロ・ロッソ)、「相手が未熟」

Carlos Sainz (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
先のバーレーンGPで起きたランス・ストロール(ウィリアムズ)とのアクシデントについて、その責任を問われたカルロス・サインツ(トロ・ロッソ)が、納得できないと不満の姿勢をみせている。

これは決勝レース中、ストロールのマシンに追突した形になったサインツに非があるとして、バーレーンGPのレーススチュワード(競技審査委員)から次戦ロシアGPでの予選グリッド3番降格に加えペナルティ・ポイント2点という重い処分がサインツだけに下されたもの。

これについてサインツは、「あの時僕はもうコーナーに向けてターンインを始めていたんだ。
ところが廻りが見えていないストロールが、それに気づかず無理に切り込んできたから起きたもの。
少なくともこれはレーシング・インシデント(出来事)としてお咎めなしになると思った。
なのにこんな一方的な処分は不当だよ」と、サインツ。

同選手はまた「他のドライバーだったらこんな事故は起きなかった」として、新人ストロールの未熟な腕前に原因の多くがあると主張した。

|

« マッサ(ウィリアムズ)、「バトンはテスト参加すべきだった」 | トップページ | カナダGPも今年の高速F1に備えサーキット設備の改修へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65181048

この記事へのトラックバック一覧です: ペナルティ喫したサインツ(トロ・ロッソ)、「相手が未熟」:

« マッサ(ウィリアムズ)、「バトンはテスト参加すべきだった」 | トップページ | カナダGPも今年の高速F1に備えサーキット設備の改修へ »