« レッドブル首脳、「独立系エンジン供給がF1継続の条件」 | トップページ | ペレス(F・インディア)、アロンソのモナコGP欠場に懐疑的 »

2017/04/23

マクラーレン首脳、「ホンダは余計に迷宮に陥った」

E.Boullie & S.Vandorne (C)McLaren Group
拡大します
バーレーン合同テスト2日目、それまで様々なトラブルが相次いで満足な周回ができずにいたマクラーレン・ホンダだが、突然マシンは好調さを取り戻し、この日ステアリングを握ったストッフェル・バンドーンはベストタイムが全体でも4番手、前日17周だった周回数も81周の多きを数えてみせた。

この「変貌ぶり」にチームは表向きこれを歓迎しているものの、マクラーレン・チームのエリック・ブイユ/レーシング・ディレクターは次のように不安を明らかにした。

「確かに突然マシンが好調さを取り戻したのは事実だ。
我々はこれまでにMGU-H(排気熱エネルギー回生装置)を都合4回も交換したが、しかし決定的な原因が見つかって解消された訳でもない。
つまり、事情が掴めないままにトラブルが見えなくなってしまったんだ。
そして残念ながらこれは決して好ましい状況ではない、迷宮だ。
おそらくホンダも懸念が一掃されてはいないだろう。
ダイナモでは異常がないのに実車になるとトラブルが出る。
これは彼らのこれまでの開発手順に変更が必要なのかも知れない」

ただマシントラブルが実車とのコンビになった時に初めて現れるのは、パワーユニットそのものに問題があるのではなくシャシー側との組み合わせに原因があるとの見方もされている。

|

« レッドブル首脳、「独立系エンジン供給がF1継続の条件」 | トップページ | ペレス(F・インディア)、アロンソのモナコGP欠場に懐疑的 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65185579

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン首脳、「ホンダは余計に迷宮に陥った」:

« レッドブル首脳、「独立系エンジン供給がF1継続の条件」 | トップページ | ペレス(F・インディア)、アロンソのモナコGP欠場に懐疑的 »