« 長谷川祐介氏(ホンダ)、「前向きに捉えられる点も」 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)の「戦略的」グリッド位置が波紋呼ぶ »

2017/04/10

徐々にドライとなるコンディションと序盤のセーフティーカー導入が 上海での戦略に影響を及ぼす (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2017 中国グランプリ決勝
・ポールからスタートしたルイス・ハミルトン、 ソフトタイヤを主体とした 2 ストップ戦略で優勝
・16 番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペン、スーパーソフト中心の 2 ストップ戦略で 3 位を獲得

2017 年 4 月 9 日、上海
ルイス・ハミルトンが、徐々にドライとなるコンディション下で行われた中国グランプリを制しました。序盤の バーチャル・セーフティーカーとセーフティーカー導入が、決勝での戦略に影響を及ぼしました。スタート時 にスリックタイヤを装着したドライバーは、トロ・ロッソのカルロス・サインツのみでした。インターミディエイト でスタートした他のドライバー達は、序盤の 10 周までの間にスリックタイヤへと移行し、ソフトとスーパーソ フトを使用した多岐に渡る戦略が展開されました。フェルスタッペンは、スーパーソフトを主体としたアグレッ シブな戦略を使用して、スタート時から 13 ポジションアップの 3 位を獲得しました。スタート時にダンプが残
ったものの、その後はドライコンディションが続き、昨年よりも 4 秒以上速いファステストラップが記録されま した。トリッキーなコンディション下にもかかわらず、オーストラリアグランプリで見られた以上に、2016 年か らのラップタイム更新が見られました。

ピレリ カーレーシング責任者 マリオ・イゾラのコメント:「3 日間を通じて異なるコンディションが続いたこと で、各チームは限られた情報のみで決勝へ挑むことになり、変化するコンディションへの対応を余儀なくさ れました。セーフティーカー導入中のピットレーン走行も行われた中、上位勢の大半は効果的な 2 回のピッ トストップを行い、デグラデーションレベルの低さを示していました」

ピレリモータースポーツリリース

コンパウンド毎のラップタイム上位:

 

                       
 

 

 

インターメディエイト

 
 

 

 

ソフト

 
 

 

 

ウルトラソフト

 
 

ハミルトン 2m17.879s

 
 

ハミルトン 1m35.378s

 
 

ライコネン 1m36.003s

 
 

ボッタス 2m19.113s

 
 

ベッテル 1m35.423s

 
 

マッサ 1m36.511s

 
 

リカルド 2m19.944s

 
 

ボッタス 1m35.849s

 
 

ペレス 1m36.531s

 

 

 

最長スティント:

 

                                   
 

 

 

コンパウンド

 
 

 

 

ドライバー

 
 

 

 

ラップ

 
 

インターミディエイト

 
 

リカルド ライコネン

 
 

4

 
 

 

 
 

ベッテル ハミルトン

 
 

 

 
 

 

 
 

ボッタス

 
 

 

 
 

ソフト

 
 

オコン

 
 

40

 
 

スーパーソフト

 
 

パーマー

 
 

30

 

|

« 長谷川祐介氏(ホンダ)、「前向きに捉えられる点も」 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)の「戦略的」グリッド位置が波紋呼ぶ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65132358

この記事へのトラックバック一覧です: 徐々にドライとなるコンディションと序盤のセーフティーカー導入が 上海での戦略に影響を及ぼす (ピレリ):

« 長谷川祐介氏(ホンダ)、「前向きに捉えられる点も」 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)の「戦略的」グリッド位置が波紋呼ぶ »