« 頭部保護装置、ハローに代えスクリーン方式浮上 | トップページ | ロシアGPのスチュワード(審査委員)にミカ・サロ氏 »

2017/04/28

名ばかりの肩書きにエクレストン氏が「反撃体制」も

 BBC Topgear
昨年までF1総帥として辣腕を振るってきたバーニー・エクレストン氏だが、今年になってからはほとんど現場にも顔を見せることはなく、鳴りを潜めている様相。
これについて同氏は、「『名誉会長』なんていう肩書きは名ばかりのもので、実際に(リバティ・メディアは)誰も私の所に来たことがないよ」と、不満を露わにしているとのことだ。

こうした状況に、エクレストン氏が「反撃体制」を整えているのではないか、との見方が英国『BBC』で伝えられ、注目を集めている。

それによれば同局の人気自動車番組『トップギア』に出演したエクレストン氏は、かつて自身のF1チームを率いたこともあるエディ・ジョーダン氏に対し、「私はリバティ・メディアから弾のない銃を渡されたようだ。
しかし私は自分で弾を買えるだけのお金は持っている」との、意味深なコメント。

今年87歳になるエクレストン氏だが、まだまだ意気軒昂のようだ。

|

« 頭部保護装置、ハローに代えスクリーン方式浮上 | トップページ | ロシアGPのスチュワード(審査委員)にミカ・サロ氏 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65206418

この記事へのトラックバック一覧です: 名ばかりの肩書きにエクレストン氏が「反撃体制」も:

« 頭部保護装置、ハローに代えスクリーン方式浮上 | トップページ | ロシアGPのスチュワード(審査委員)にミカ・サロ氏 »