« ベッテル(フェラーリ)の「戦略的」グリッド位置が波紋呼ぶ | トップページ | 痛恨スピンのボタス(メルセデス)、「自分自身に落胆」 »

2017/04/11

窮地に追い込まれたジョビナッツィ(ザウバー)

Antonio Giovinazzi (C)Sauber Motorsport
拡大します
チームに負担を掛けるフライアウェイ(遠征)でのアクシデント、しかも同じ週末に2度もクラッシュを繰り返したことで、さすがにアントニオ・ジョビナッツィもザウバー・チーム内で肩身が狭いようだ。

本来フェラーリ・チームのリザーブドライバーであるジョビナッツィは、1月の『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』でクラッシュしたザウバー・チームのレースドライバーであるパスカル・ウェーレインの状態が良くないということで、開幕戦オーストラリアGPの2日目に突然のドライバー交代指名。
そのオーストラリアGPではチームの期待に応えるパフォーマンスを演じたものの、今回は痛恨の「失態続き」となったもの。

「チームのみんなに迷惑掛けた。
それでも次のバーレーンでは挽回のチャンスを与えて欲しい」と、ジョビナッツィ。
幸か不幸か、フライアウェイでの連続開催という事情がジョビナッツィに味方するかも知れない。

|

« ベッテル(フェラーリ)の「戦略的」グリッド位置が波紋呼ぶ | トップページ | 痛恨スピンのボタス(メルセデス)、「自分自身に落胆」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65135337

この記事へのトラックバック一覧です: 窮地に追い込まれたジョビナッツィ(ザウバー):

« ベッテル(フェラーリ)の「戦略的」グリッド位置が波紋呼ぶ | トップページ | 痛恨スピンのボタス(メルセデス)、「自分自身に落胆」 »