« エクレストン氏、アロンソ(マクラーレン)のインディ500挑戦を酷評 | トップページ | バーレーンGPはベッテル(フェラーリ)が優勝飾る »

2017/04/16

再びマクラーレン・ホンダを襲ったMGU-Hトラブル

長谷川 祐介 (C)McLaren Group
拡大します
せっかく予選Q2進出に成功しながら、マクラーレン・ホンダ・チームのフェルナンド・アロンソはマシントラブルのためアタックを中止、結局このセッションはノータイムで15番グリッドに留まった。

ホンダはトラブルはMGU-H(熱エネルギー回生システム)にあったと説明したが、前日のフリー走行でもチームメイトのストッフェル・バンドーンが同じ原因でマシンを止めていた。

これについて長谷川祐介氏(ホンダ)は、「両者のトラブルが同じものかどうか分析している。
明日アロンソを送り出すため、いまチーム一丸となって全力で作業を進めている。
厳しい状況ではあるが、明日良いレースを見せられるよう最大限の努力をしている」としている。

|

« エクレストン氏、アロンソ(マクラーレン)のインディ500挑戦を酷評 | トップページ | バーレーンGPはベッテル(フェラーリ)が優勝飾る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65156610

この記事へのトラックバック一覧です: 再びマクラーレン・ホンダを襲ったMGU-Hトラブル:

« エクレストン氏、アロンソ(マクラーレン)のインディ500挑戦を酷評 | トップページ | バーレーンGPはベッテル(フェラーリ)が優勝飾る »