« マレーシアGP、今年限りで開催打ち切りへ | トップページ | 予選Q1アロンソ(マクラーレン)突破、ジョビナッツィがクラッシュ »

2017/04/08

中国GPフリー3回目はフェラーリ勢が1-2タイム

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
8日(土)、公式予選を前に中国GPフリー走行3回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は曇り、気温21度、路面温度33度、湿度66%、コースはドライコンディションと報告されている。
視界は今日も良くないが、今のところ前日のようにヘリコプターが飛べないという心配はないようだ。

セッション開始まもなく、ボタス(メルセデス)のマシンからTウィングが破損して脱落するシーンがみられた。
これは今後問題になる可能性がありそうだ。

60分間のセッションを終え、トップタイムを記録したのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルで1'33.336と昨年のポールタイム(1'33.402)上回ってみせた。
2番手もチームメイトのライコネンで0.053秒差。
3番手ボタス(メルセデス)、4番手ハミルトン(メルセデス)、5番手マッサ(ウィリアムズ)、6番手フェルスタッペン(レッドブル)、7番手リカルド(レッドブル)、8番手ストロール(ウィリアムズ)、9番手パーマー(ルノー)、10番手がサインツ(トロ・ロッソ)の順。
マクラーレン・ホンダはアロンソ17番手、バンドーン19番手と低迷した。

このあと15時(日本時間:16時)から注目の公式予選が行われる。

中国GPフリー走行3回目の結果はこちら
中国GPの画像はこちら

|

« マレーシアGP、今年限りで開催打ち切りへ | トップページ | 予選Q1アロンソ(マクラーレン)突破、ジョビナッツィがクラッシュ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65123349

この記事へのトラックバック一覧です: 中国GPフリー3回目はフェラーリ勢が1-2タイム:

« マレーシアGP、今年限りで開催打ち切りへ | トップページ | 予選Q1アロンソ(マクラーレン)突破、ジョビナッツィがクラッシュ »