« 赤旗中断相次いだ中国GPフリー1回目、ほとんど走行できず | トップページ | 中国GPの公式予選・決勝レース・スケジュールは予定通り »

2017/04/07

ひたすら『待機』で終わった中国GPフリー2回目セッション

Lewis Hamilton
7日(金)午後、引き続き上海サーキットを舞台の中国GPはフリー走行2回目セッションとなった。
相変わらず視界が悪く上海市内の病院までメディカル・ヘリコプターが飛べないとして、レース・コントロールはここでもセッション開始の30分ディレーを宣言した。

しかし予定時刻になってもディレーは続いたまま。
ハースF1チームのガレージでは今日が52歳の誕生日であるギュンター・シュタイナー代表にメカニックから『特製の杖』がプレゼントされ喝采を浴びていた。
またファンの熱心な声援にハミルトン(メルセデス)がスタンドまで近づいてサイン入りキャップを配るなど時間つぶし。

その後、結局レース・コントロールはこのままセッションが再開されないことを通知。
これにより前者ガレージに待機したまま。
午前の1回目セッションよりさらにファンを裏切る事態となった。

中国GPの画像はこちら

|

« 赤旗中断相次いだ中国GPフリー1回目、ほとんど走行できず | トップページ | 中国GPの公式予選・決勝レース・スケジュールは予定通り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65119624

この記事へのトラックバック一覧です: ひたすら『待機』で終わった中国GPフリー2回目セッション:

« 赤旗中断相次いだ中国GPフリー1回目、ほとんど走行できず | トップページ | 中国GPの公式予選・決勝レース・スケジュールは予定通り »