« ロシアGPフリー1回目、ライコネン(フェラーリ)が最速タイム | トップページ | ホンダ、バンドーン(マクラーレン)のパワーユニット交換 »

2017/04/28

ロシアGPフリー2回目、今度はベッテル(フェラーリ)が最速

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
28日(金)、引き続きF1第4戦ロシアGPのフリー走行2回目セッションが現地時間15時(日本時間:21時)から行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、気温21度、路面温度39度、湿度30%、コースはドライコンディションと報告されている。

残念ながら開始時点でバンドーン(マクラーレン)のマシンはパワーユニット関連の交換作業ということでまだガレージで馬の上。
もしもし交換ということになると早くも5基目ということでペナルティになりかねない。

残り約20分というところ、この時点で5番手タイムを記録していたフェルスタッペン(レッドブル)がパワーを失った形でストップ。
このセッションでトップはベッテル(フェラーリ)でベストタイム1'34.120を記録。
2番手もチームメイトのライコネンで、0.263秒の差。
3-4番手にメルセデスAMGのボタス&ハミルトン、5番手フェルスタッペン(レッドブル)、6番手リカルド(レッドブル)、7番手マッサ(ウィリアムズ)、8番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、9番手マグヌッセン(ハース)、10番手がペレス(フォース・インディア)だった。
マクラーレン・ホンダはアロンソ12番手、その後、再走したバンドーン(マクラーレン)は16番手だった。

ロシアGPフリー走行2回目の結果はこちら
ロシアGPの画像はこちら

|

« ロシアGPフリー1回目、ライコネン(フェラーリ)が最速タイム | トップページ | ホンダ、バンドーン(マクラーレン)のパワーユニット交換 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65209604

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアGPフリー2回目、今度はベッテル(フェラーリ)が最速:

« ロシアGPフリー1回目、ライコネン(フェラーリ)が最速タイム | トップページ | ホンダ、バンドーン(マクラーレン)のパワーユニット交換 »