« ロシアGPの週末は3日間ともに雨の心配なしの予報 | トップページ | ロシアGPフリー2回目、今度はベッテル(フェラーリ)が最速 »

2017/04/28

ロシアGPフリー1回目、ライコネン(フェラーリ)が最速タイム

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
28日(金)、2017年F1第4戦ロシアGPのフリー走行1回目セッションが現地時間11時(日本時間:17時)から行われた。
セッション開始時の空は雲一つない快晴で、気温19度、路面温度33度、湿度34%、コースはドライコンディションと報告されている。

このセッションでのドライバー交代はただ一人、ルノー・チームのヒュルケンバーグに代わって地元ドライバーであるセルゲイ・シロトキンが起用されている。
しかしセッション開始まもなく、そのシロトキンがエンジントラブルで早々にストップ、残念ながら真っ先にコクピットから離れることとなった。

残り時間約25分というところでオコン(フォース・インディア)のものとみられるボディパーツ(シャークフィン?)がストレートエンドで脱落、セッションは赤旗中断となった。

セッションは数分で再開。
結局トップタイムは復調の期待が掛かるフェラーリのキミ・ライコネンでベストタイム1'36.074。
これにボタス(メルセデス)が0.045票差で続き、以下3番手ハミルトン(メルセデス)、4番手フェルスタッペン(レッドブル)、5番手ベッテル(フェラーリ)、6番手リカルド(レッドブル)、7番手ペレス(フォース・インディア)、8番手マッサ(ウィリアムズ)、9番手ここソツが初体験のストロール(ウィリアムズ)、10番手がオコン(フォース・インディア)。
マクラーレン・ホンダはアロンソ13番手、バンドーン17番手だった。

ロシアGPフリー走行1回目の結果はこちら
ロシアGPの画像はこちら

|

« ロシアGPの週末は3日間ともに雨の心配なしの予報 | トップページ | ロシアGPフリー2回目、今度はベッテル(フェラーリ)が最速 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65208722

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアGPフリー1回目、ライコネン(フェラーリ)が最速タイム:

« ロシアGPの週末は3日間ともに雨の心配なしの予報 | トップページ | ロシアGPフリー2回目、今度はベッテル(フェラーリ)が最速 »