« 予選Q2、アロンソ脱落、ルノー勢が躍進みせる | トップページ | エクレストン氏、アロンソ(マクラーレン)のインディ500挑戦を酷評 »

2017/04/16

バーレーンGP予選、ボタス(メルセデス)が初ポール獲得

Valterri Bottas (C)Mercedes Motorsports
拡大します
15日(土)午後、バーレーンGPの公式予選がドライコンディションのもと行われた。
陽はとっぷりと暮れたが、Q1開始時とほとんど気温も路面温度も変わらない。

15分間の熾烈なタイム争いの結果、ついにメルセデスAMGチームのバルテリ・ボタスが自身キャリア初となるポールポジションを獲得した。
F181戦目、メルセデスAMGチームに移籍してからわずか3戦目にしてハミルトンを打ち破ってみせた。

2番手はそのハミルトン(メルセデス)で0.023秒の差、昨年のアメリカGPから続けて来た連続ポール記録は6戦で途絶える結果となった。
なお同チームのフロントロウ独占は今季これが初になる。
(これまではいずれも1-3位)
3番手ベッテル(フェラーリ)で、やはりここでもQ3になるとメルセデス勢からは引き離された。
4番手リカルド(レッドブル)、5番手ライコネン(フェラーリ)、6番手フェルスタッペン(レッドブル)、7番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、8番手マッサ(ウィリアムズ)、9番手グロージャン(ハース)、10番手がパーマー(ルノー)となった。
ルノー勢がトップ10に2台入るのはこれが復帰後初ということになる。

明日18時(日本時間:24時)バーレーンGP決勝レースがスタートする。

バーレーンGP公式予選の結果はこちら
バーレーンGPの画像はこちら

|

« 予選Q2、アロンソ脱落、ルノー勢が躍進みせる | トップページ | エクレストン氏、アロンソ(マクラーレン)のインディ500挑戦を酷評 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65155498

この記事へのトラックバック一覧です: バーレーンGP予選、ボタス(メルセデス)が初ポール獲得:

« 予選Q2、アロンソ脱落、ルノー勢が躍進みせる | トップページ | エクレストン氏、アロンソ(マクラーレン)のインディ500挑戦を酷評 »