« フェラーリ、中国GPは苦戦もバーレーン再び有利の観測 | トップページ | ザウバー・チーム、再度のドライバー交代に憶測広がる »

2017/04/07

FIA会長、「今のシステムでは新規参戦チームは現れない」

B.Ecclestone & J.Todt (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長は、「現在のF1システムの状態では新規参戦チームは現れない」と現状を危惧する見解を示した。

「F1は最大13チーム26台までの参戦が可能となっているが、現実にはわずか10チームに留まっている。
なぜ新規参戦しようとするチームが現れないのか。
それは(バーニー・エクレストンが築いた)コンコルド協定により、F1参戦に対する収益の分配が超・偏っているからだ。
この見直しが図られなければ、F1は立ち行かない。
そして残念ながらわれわれはこれに関与していない。
新たにF1オーナーに就いたリバティ・メディアがほんとうにF1を隆盛に導こうとするなら、この収益分配のシステムを公正なものに見直す必要があるだろう」

言うまでもなくトッド氏はフェラーリ・チームの出身だが、問題とされるF1収益分配ではそのフェラーリが最も(不公正な)利益を得ているとかねて指摘されている。

|

« フェラーリ、中国GPは苦戦もバーレーン再び有利の観測 | トップページ | ザウバー・チーム、再度のドライバー交代に憶測広がる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65118083

この記事へのトラックバック一覧です: FIA会長、「今のシステムでは新規参戦チームは現れない」:

« フェラーリ、中国GPは苦戦もバーレーン再び有利の観測 | トップページ | ザウバー・チーム、再度のドライバー交代に憶測広がる »