« 皇太子、バーレーンGPにエクレストン前代表を招待 | トップページ | レッドブル・レーシング首脳、「モンツァ等では遅いかも」 »

2017/04/03

英紙、2018年『ザウバー・ホンダ』の実現を報じる

Powered by Honda (C)Honda Racing
拡大します
現在マクラーレン・チームへの独占供給となっているホンダ・エンジンだが、かねて噂が留まることのないザウバー・チームへの供給について、イギリスの『サン』がその実現を報じて注目を集めている。

それによればザウバー・チームとホンダとはすでに水面下で供給契約について合意、あとは発表する時期を窺っているだけとのこと。
ただザウバー、ホンダのいずれもがそうした報道を否定しているのと、報じているのが大衆紙『サン』であることが気掛かりではある。

なおF1エンジン・サプライヤーには基本的に複数チームへの供給が義務付けられているが、ホンダは今シーズンもマクラーレン1チームだけ。
もし噂のようにマクラーレン・チームが再びメルセデス製パワーユニットに切り換えた場合、このままではホンダはF1撤退を余儀なくされることになる。

一方現在(プライスダウンされた)1年落ちのフェラーリ製パワーユニットを搭載するザウバー・チームには、戦闘力だけでなく支払金額の面でもメリットが見込めそうだ。
さらにもし日本人ドライバーの起用となれば日本のファンにとっては待望の事態ということになる。

|

« 皇太子、バーレーンGPにエクレストン前代表を招待 | トップページ | レッドブル・レーシング首脳、「モンツァ等では遅いかも」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/65102018

この記事へのトラックバック一覧です: 英紙、2018年『ザウバー・ホンダ』の実現を報じる:

« 皇太子、バーレーンGPにエクレストン前代表を招待 | トップページ | レッドブル・レーシング首脳、「モンツァ等では遅いかも」 »